現代瞑想論 : 変性意識がひらく世界

葛西賢太 著

私たちの日常は、覚醒と酩酊の往復という「変性意識」によってつくられている!アメリカで瞑想実践者が2000万人を超えた今、さまざまな変性意識を題材に、日常の中で、自分を振り返る「瞑想の時間」を持つ意味とその可能性を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 「通常」の時間感覚
  • 第1章 変性意識とは何か
  • 第2章 さまざまな瞑想
  • 第3章 意識変容のテクニック
  • 第4章 自分を変える不思議な力
  • 第5章 瞑想で苦難を克服できるか
  • 第6章 死と喪失に立ち向かう
  • 結論 現代における瞑想の意義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代瞑想論 : 変性意識がひらく世界
著作者等 葛西 賢太
書名ヨミ ゲンダイ メイソウ ロン : ヘンセイ イシキ ガ ヒラク セカイ
出版元 春秋社
刊行年月 2010.3
ページ数 265, 6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-36511-3
NCID BB01652482
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21749917
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想