大学における「学びの転換」と学士課程教育の将来

東北大学高等教育開発推進センター 編

[目次]

  • 第1章 大学における「学びの転換」と学士課程教育(大学における「学びの転換」とは-unlearn概念による検討
  • 初年次教育から見た「学びの転換」
  • 学士課程カリキュラム・マップに見る「学びの転換」と「学びの展開」-Writing Across the CurriculumとFD
  • 理系分野の学びの転換に必要な2つの要素-「思想」と「手仕事」
  • 文化の継承と「学びの転換」
  • 学士課程教育と「学びの転換」)
  • 第2章 大学における「学びの転換」と学士課程教育の将来-パネルディスカッション
  • 第3章 東北大学における「学びの転換」の取り組みと成果(基礎ゼミの発展と履修の効用に対する受講者の評価
  • 融合型理科実験が育む自然理解と論理的思考1:自然科学総合実験
  • 融合型理科実験が育む自然理解と論理的思考2:文科系のための自然科学総合実験)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学における「学びの転換」と学士課程教育の将来
著作者等 東北大学高等教育開発推進センター
書名ヨミ ダイガク ニ オケル マナビ ノ テンカン ト ガクシ カテイ キョウイク ノ ショウライ
書名別名 Daigaku ni okeru manabi no tenkan to gakushi katei kyoiku no shorai
出版元 東北大学出版会
刊行年月 2010.3
ページ数 169p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86163-145-0
NCID BB01634720
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21736332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想