中世後期ドイツの犯罪と刑罰 : ニュルンベルクの暴力紛争を中心に

池田利昭 著

中世後期のニュルンベルク。「お上」として自己を意識しはじめた都市参事会は、公的刑法と治安維持機構を武器として、新しい秩序を創出しようとした。他方で、都市住民は自力救済的暴力とその調停からなる伝統的秩序を形成していた。本書は、この2つの秩序の対立と協働に焦点を当て、都市平和の維持と回復の仕組みを解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章(問題関心
  • 研究動向 ほか)
  • 第1章 一四・一五世紀における刑事裁判と治安維持制度の発展(参事会刑事裁判の伸長
  • 職権による告訴現象 ほか)
  • 第2章 暴力の形態と原因(暴力の発生数と形態
  • 暴力の発生原因)
  • 第3章 参事会と住民の暴力(暴力の処理
  • 刑罰適用の特徴)
  • 第4章 公的刑法と都市社会(刑罰と和解のコンビネーション
  • 恩赦と恩赦の請願 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世後期ドイツの犯罪と刑罰 : ニュルンベルクの暴力紛争を中心に
著作者等 池田 利昭
書名ヨミ チュウセイ コウキ ドイツ ノ ハンザイ ト ケイバツ : ニュルンベルク ノ ボウリョク フンソウ オ チュウシン ニ
シリーズ名 北海道大学大学院文学研究科研究叢書 19
出版元 北海道大学出版会
刊行年月 2010.3
ページ数 224, 20p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8329-6724-3
NCID BB01629276
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21762355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想