ガバナンスの比較セクター分析 : ゲーム理論・契約理論を用いた学際的アプローチ

法政大学比較経済研究所, 鈴木豊 編

本書は、ゲーム理論や契約理論の分析ツールを用いて、民間(企業)、政府、超国家機構の各セクターにみられるガバナンス・メカニズムを理論的かつ実証的に比較分析することで、セクターを横断してのガバナンスの普遍的特色を明らかにするだけでなく、各セクター固有のガバナンスの特色をいっそう浮き彫りにする、革新的な書物である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「ガバナンスの比較セクター分析」概要
  • 第1部 民間セクター:コーポレート・ガバナンス(企業の統合vs.非統合、集権化vs.分権化の比較経済理論
  • 組織における結託と、職務設計および権限委譲を通じたコンフリクトのマネジメント
  • 日本企業におけるストック・オプションの現状と会計上の諸問題
  • 株主・経営者間の「ストック・オプション契約」の理論分析
  • コーポレート・ガバナンス・システムの多様性と収束性-ステークホルダー・ガバナンスへの収束説
  • 保険の取り付け解約と生保危機)
  • 第2部 政府セクター(地方自治体のガバナンスの仕組みとしての議会-議会研究のサーベイと相模原市議会の予算審議の事例
  • 中国における中央・地方政府間財政関係と"包"および"比賽"の概念-「契約理論」による開発ガバナンスの分析
  • 高齢者福祉民営化の可能性)
  • 第3部 超国家セクター(欧州連合(EU)における集権・分権とインセンティブ問題-「契約理論」の視点(安定・成長協定とユーロ圏財政ガバナンスを題材として)
  • ユーロゾーンにおける対仏財政ガバナンス過程の分析2003年1月〜11月-"スイッチング・ポイント"概念の適用
  • 外交における強制の論理と安心供与の論理-威嚇型と約束型のコミットメント)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガバナンスの比較セクター分析 : ゲーム理論・契約理論を用いた学際的アプローチ
著作者等 法政大学比較経済研究所
鈴木 豊
書名ヨミ ガバナンス ノ ヒカク セクター ブンセキ : ゲーム リロン ケイヤク リロン オ モチイタ ガクサイテキ アプローチ
シリーズ名 比較経済研究所研究シリーズ 25
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2010.3
ページ数 399p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-588-60225-2
NCID BB01627678
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21786691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想