どうする情報源

藤田博司 著

「関係者」や「関係筋」で何が「わかった」と言えるのか?「情報源の明示」こそが報道への信頼を生む!「小沢vs検察」報道から見えてくるもの。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • まえがき-信頼される報道のために
  • 第1章 事実をどう伝えるか
  • 第2章 報道の基本ルール
  • 第3章 事件報道のなかの情報源
  • 第4章 情報源と一体化する記者
  • 第5章 裁判員制度と報道の見直し
  • 第6章 紙面調査で見る情報源
  • 第7章 アメリカの報道と情報源
  • 第8章 記者クラブと情報源
  • 第9章 報道の改革に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 どうする情報源
著作者等 藤田 博司
書名ヨミ ドウスル ジョウホウゲン : ホウドウ カイカク ノ ブンスイレイ
書名別名 報道改革の分水嶺
出版元 リベルタ
刊行年月 2010.3
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-903724-20-1
NCID BB01627306
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21788323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想