戦後日本外交史

五百旗頭真 編

歴史の瞬間は、その時点に立って考えれば、いつも「海図なき航海」であった。戦後日本は、20世紀後半から21世紀初頭の国際社会をどう航海したのか。めまぐるしく変動する国際環境の中での外交的選択の戦後60余年を、ここに再現する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 戦後日本外交の構図
  • 第1章 占領下日本の「外交」
  • 第2章 独立国の条件-1950年代の日本外交
  • 第3章 経済大国の外交の原型-1960年代の日本外交
  • 第4章 自立的協調の模索-1970年代の日本外交
  • 第5章 「国際国家」の使命と苦悩-1980年代の日本外交
  • 第6章 冷戦後の日本外交
  • 終章 戦後日本外交とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後日本外交史
著作者等 五百旗頭 真
書名ヨミ センゴ ニホン ガイコウシ
書名別名 The Diplomatic History of Postwar Japan

Sengo nihon gaikoshi
シリーズ名 有斐閣アルマ
出版元 有斐閣
刊行年月 2010.3
版表示 第3版.
ページ数 378p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-12407-3
NCID BB01624104
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21750272
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想