戦国期の地域社会と権力

池享 著

戦国期研究における地域社会論的視角の重要性を早くから主張してきた著者が、土豪などの中間層と活動の場である地域社会に注目。戦国・織豊期の沼津や「郡絵図」、「国」の用法などを追究し、戦国期社会の実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦国期研究の課題(「戦国」とは何か
  • 中近世移行期における地域社会と中間層
  • 西村幸信著『中世・近世の村と地域社会』をめぐって)
  • 2 戦国期の地域社会(戦国期の「国」について
  • 戦国・織豊期の沼津
  • 戦国時代沼津の地域と人々
  • 「慶長二年越後国瀬波郡絵図」の基礎的検討)
  • 3 戦国期の権力と地域社会(戦国期の地域権力
  • 戦国期地域権力の「公儀」について
  • 戦国大名領国における「国」について
  • 戦国大名領国支配の地域構造)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国期の地域社会と権力
著作者等 池 享
書名ヨミ センゴクキ ノ チイキ シャカイ ト ケンリョク
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.4
ページ数 326, 10p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-02888-2
NCID BB01606496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21747282
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想