亀が鳴く国日本(にっぽん)の風土と詩歌(うた)

中西進 著

万葉のむかしから連綿と受け継がれる日本人の美意識。それはどのようなもので、暮らしの中でどのように育まれたのか。風土が生み成した作品群、わけても国民詩である和歌や短歌・俳句を手がかりに、文化の根底を深く豊かに描き出す。世界中でただ一つ"亀が鳴く国"日本。その文化的特質をあまねく明かす、万人必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本の風土と文化
  • 1 詩は心の器(伝統詩の文体
  • 和歌の身体性
  • 俳句の虚 ほか)
  • 2 自然は体の揺籃(桜と梅の歴史
  • 花と人のいのち
  • 花と心の交響 ほか)
  • 3 ことばは人間の証明(種田山頭火
  • 永田耕衣とF.カプラ
  • 石原八束 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 亀が鳴く国日本(にっぽん)の風土と詩歌(うた)
著作者等 中西 進
書名ヨミ カメ ガ ナク クニ ニッポン ノ フウド ト ウタ
書名別名 亀が鳴く国日本の風土と詩歌
シリーズ名 角川学芸ブックス
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2010.2
ページ数 195p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-621280-1
NCID BB01592664
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21720157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想