「10年不況」脱却のシナリオ

斎藤精一郎 著

現在の世界経済は、未曾有の低迷期に突入している。そして著者は、その低迷期間が10年の長きに及ぶと断定する。つまり、私たちは「10年不況」の世界を生きていることになる。そこでは、過去の世界恐慌やバブル崩壊の教訓は役に立たない。従来の学識や通念を捨て去り、21世紀型マネーの実態を直視し、大胆なパラダイム転換を断行しなければならない。本書は、現在の経済情勢をシビアに分析したうえで、小手先の経済政策ではなく、近未来を見据えた産業構造改革を提言する。この国を救う道は、そこにしかないからである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 経済学はもう役に立たない(楽観論がいっぱいだが…
  • 世界は「同床異夢」 ほか)
  • 第1章 世界はすでに「一〇年不況」に入った(ケインジアンとしての鳩山政策
  • 「小出し」財政出動は過ち ほか)
  • 第2章 それでもマネーは奔放に動く(オバマに楯突くウォール街
  • 膨張するワールドダラー ほか)
  • 第3章 「海外直接投資立国」へのパラダイム転換(金融危機のダメージが深刻だったふたつの国
  • 日本の輸出依存度は低い? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「10年不況」脱却のシナリオ
著作者等 斎藤 精一郎
書名ヨミ 10ネン フキョウ ダッキャク ノ シナリオ
シリーズ名 集英社新書 0533A
出版元 集英社
刊行年月 2010.3
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720533-6
NCID BB0158036X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21733737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想