源氏物語とその作者たち

西村亨 著

原稿用紙に換算して二千五百枚にもなる長大な物語を、本当に紫式部が一人で書いたのか-文体や登場人物の扱いなどに着目し、錯綜する展開を解きほぐすことで見えてきたのは、光源氏死後の話である「宇治十帖」のみならず多くの部分が、読者によって自由に加筆や修正が行われ「成長」していった事実だった-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序の章 作者としての紫式部
  • 第1章 物語の不思議な構成
  • 第2章 巻々成立への関心
  • 第3章 紫の君の物語
  • 第4章 本格的な物語の構築
  • 第5章 「上」と称せられる紫の君
  • 第6章 紫式部の源氏物語
  • 第7章 朝顔の宮追従
  • 第8章 紫の物語の終局
  • 終章 男性作者の登場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語とその作者たち
著作者等 西村 亨
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ ト ソノ サクシャタチ
シリーズ名 源氏物語 746
文春新書 746
出版元 文藝春秋
刊行年月 2010.3
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660746-4
NCID BB01570901
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21733830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想