すらんぐ : 庶民の感性と知恵のコトバ : 卑語

暉峻康隆 著

日本人の日常にいつの間にか息づいてきた「すらんぐ(卑語)」。その素姓や語源を探ると、人生の縮図、人々の心のひだが見えてくる。古今の文献はもとより、ネオン街から屋台までを渉猟した軽妙洒脱な江戸研究者による一味違った日本語論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 くいものコトバの巻-生あれば食あり(西鶴)
  • 2 水商売のコトバの巻
  • 3 おんなコトバの巻
  • 4 続おんなのコトバの巻
  • 5 おとこコトバの巻-汝が性のつたなきを泣け(芭蕉)
  • 6 娯楽コトバの巻-世界の嘘かたまって、美遊となれり(西鶴)
  • 7 やくざコトバの巻-知らざぁ言って、聞かせやしょう(弁天小僧)
  • 8 続やくざコトバの巻
  • 9 あなたのコトバ・わたしのコトバ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 すらんぐ : 庶民の感性と知恵のコトバ : 卑語
著作者等 暉峻 康隆
書名ヨミ スラング : ショミン ノ カンセイ ト チエ ノ コトバ : ヒゴ
出版元 勉誠
刊行年月 2010.2
版表示 新版.
ページ数 213p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-585-05446-7
NCID BB01570275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21727019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想