ゲーム理論

ケン・ビンモア [著] ; 海野道郎, 金澤悠介 訳・解説

多くの学問分野で基本的な手法として広く用いられるとともに、いまやビジネスの世界でも、意思決定における必須ツールとして注目を集めている「ゲーム理論」。本書は、数多くの論文や著書によって著名な碩学が、その基礎から応用までをコンパクトに概観したものである。政治・経済・社会といった分野はもとより、心理・生物といった領域からも豊富な事例を取り上げ、数式をなるべく使わずに要点を解説する。基礎的な概念や考え方のレベルから「オークション」や「進化ゲーム理論」といった応用まで、さまざまなトピックのポイントがつかめる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ゲーム理論とは何か?
  • 2 偶然
  • 3 時間
  • 4 慣習
  • 5 互恵性
  • 6 情報
  • 7 オークション
  • 8 進化生物学
  • 9 交渉と提携
  • 10 難問とパラドックス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲーム理論
著作者等 Binmore, K. G.
Binmore, Ken
海野 道郎
金澤 悠介
ビンモア ケン
書名ヨミ ゲーム リロン
書名別名 Game theory
シリーズ名 1冊でわかる
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.3
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-026903-2
NCID BB0156815X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21744960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想