ネオ唯物論

フランソワ・ダゴニェ 著 ; 大小田重夫 訳

哲学・芸術・教育における脱物質化の傾向に抗して、唯物論を正当に評価し直す。ヴァザルリ、デュビュッフェ、ヴィアラの絵画を論じ、さらには繊維産業や鉄を主題とする文化論・科学技術論におよぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 認識論と教育学における傾向(拒絶
  • 二元論 ほか)
  • 第2章 新造形芸術家たちによる報復(造形性
  • モンタージュ ほか)
  • 第3章 先駆者としての繊維産業(糸の特権
  • 自然物から合成物へ ほか)
  • 第4章 物質と現代テクノロジー(物体と混合物
  • 複数の要素 ほか)
  • 結論(過小評価
  • 外在性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ネオ唯物論
著作者等 Dagognet, François
大小田 重夫
Dagognet Fran〓cois
ダゴニェ フランソワ
書名ヨミ ネオ ユイブツロン
書名別名 Rematerialiser

Neo yuibutsuron
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 708
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2010.3
ページ数 393p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00708-8
NCID BB01557710
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21781277
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想