パリのグランド・デザイン : ルイ十四世が創った世界都市

三宅理一 著

フランスが世界に誇る「花の都」パリ、そしてヴェルサイユ宮殿。これらを形作ったのは、ルイ十四世の治世に花開いた「グランド・デザイン」の思想だった。当時のフランスは、世界を席巻していたバロックに背を向け、徹底した計画志向の下でニュータウンを建設し、パリの街並みを整備し、ついにはヴェルサイユ宮殿を造営した。駆け引きに満ちた宮廷政治と、個性豊かな建築家たちの物語を通して、近代都市の源流に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 リシュリューのニュータウン
  • 2 森の城館
  • 3 フランソワ・マンサールとフランス古典主義
  • 4 王の寝室
  • 5 アカデミーと新旧論争
  • 6 ルイ十四世の都市計画
  • 7 ルイ十五世広場の設計競技
  • 8 穀物取引場とフリーメーソン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリのグランド・デザイン : ルイ十四世が創った世界都市
著作者等 三宅 理一
書名ヨミ パリ ノ グランド デザイン : ルイ 14セイ ガ ツクッタ セカイ トシ
シリーズ名 中公新書 2049
出版元 中央公論新社
刊行年月 2010.3
ページ数 276p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102049-9
NCID BB01549188
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21753108
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想