沖縄の海兵隊はグアムへ行く : 米軍のグアム統合計画

吉田健正 著

普天間基地移設問題が日米安保を揺るがす。だが-世にも不思議な物語!米軍はすでに「グアムへの軍事統合」を構想、普天間をも視野に入れた沖縄海兵隊受け入れの計画を着々と進めているのだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 米軍再編とグアム
  • 1 米国の軍事拠点・グアム
  • 2 「SACO」合意から「米軍再編ロードマップ」へ
  • 3 在沖海兵隊グアム移転への経過
  • 4 海兵隊移転を含んだグアム軍事拠点構想
  • 5 グアム住民はどう見ているか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄の海兵隊はグアムへ行く : 米軍のグアム統合計画
著作者等 吉田 健正
書名ヨミ オキナワ ノ カイヘイタイ ワ グアム エ ユク : ベイグン ノ グアム トウゴウ ケイカク
出版元 高文研
刊行年月 2010.2
ページ数 159p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87498-436-9
NCID BB01527979
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21802943
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想