被害妄想 : その背景の諸感情

ピエール・ジャネ 著 ; 松本雅彦 訳

妬み、気後れ、自己不全感…なぜ日常の感情が被害妄想への変貌を遂げるのか。妄想に先立ち、妄想を駆動する感情のメカニズムを鮮やかに解き明かす古典的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 影響感情(初期体感異常
  • 被害妄想に共通して存在する感情
  • 影響感情、強制感情
  • 剥奪感情、奪取感情
  • 浸透感情
  • 影響感情と妄想)
  • 第2部 社会的客観化外在化(精神弛緩発作
  • 空虚感情
  • 外部の人間の行為に対する感情
  • 社会的振る舞いに滞在する行為の二重性
  • 社会的表象像の識別
  • 病的主観化内在化、病的客観化外在化)
  • 第3部 影響感情の解釈・試論(社会的活動の二重性
  • 強制感情
  • 入れ替わり感情、浸透感情
  • 察知感情
  • 思考反響感情
  • 二重化感情
  • 転嫁症)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 被害妄想 : その背景の諸感情
著作者等 Janet, Pierre
松本 雅彦
ジャネ ピエール
書名ヨミ ヒガイ モウソウ : ソノ ハイケイ ノ ショカンジョウ
書名別名 Les sentiments dans le delire de persecution

Higai moso
出版元 みすず書房
刊行年月 2010.3
ページ数 225, 7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07520-2
NCID BB01514638
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21738657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想