人物で語る化学入門

竹内敬人 著

世界は何からできているのか?人間の手でまったく新しい物質をつくることはできるのか?化学者たちの奮闘と発見の物語を通じて、化学の考え方が理解できる。革命の断頭台の露と消えたラヴォアジエ、フグ毒を解明した日本の化学者たち、失敗が生んだノーベル賞など、無限に広がる物質世界の探険記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 物質は原子からできている
  • 第1章 物質世界の役者たち-元素と原子
  • 第2章 電気と化学の切っても切れない関係
  • 第3章 どんな分子でもつくれるのか?
  • 第4章 起こらない反応を起こさせる
  • 第5章 大きいことはいいことだ-高分子の時代
  • 第6章 物質を診察する
  • 第7章 鏡の国の分子
  • 終章 21世紀の化学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人物で語る化学入門
著作者等 竹内 敬人
書名ヨミ ジンブツ デ カタル カガク ニュウモン
シリーズ名 岩波新書 新赤版1237
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.3
ページ数 231, 4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431237-6
NCID BB01494621
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21744520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想