脳のなかの匂い地図

森憲作 著

食欲をそそるいい匂い、果実の爽やかな香り。食べ物は匂いがあるから「おいしさ」も引き立つ。いい香りは心地良さや精神の安定につながる。いやなにおいがすれば逃げ出したくなる。しかし、香りを感じる脳のメカニズムは、長らく分からなかった。なにしろ、数十万種類もの香り分子を脳はいったいどのようにして感じるというのか、大きな壁が科学者の前に立ちふさがっていた。本書は、この謎を解き明かしてゆく近年の驚きと新発見に満ちたドラマを再現する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日常生活での嗅覚の役割
  • 第2章 におい分子受容体の発見
  • 第3章 脳へのにおい情報の入口
  • 第4章 脳のなかのにおい地図
  • 第5章 においを伝える神経回路
  • 第6章 においを評価する
  • 第7章 においと意欲と情動
  • 第8章 嗅覚研究への期待

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳のなかの匂い地図
著作者等 森 憲作
書名ヨミ ノウ ノ ナカ ノ ニオイ チズ
書名別名 No no naka no nioi chizu
シリーズ名 PHPサイエンス・ワールド新書 015
出版元 PHP研究所
刊行年月 2010.3
ページ数 172p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-77650-7
NCID BB01475671
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21724378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想