国制と法の歴史理論 : 比較文明史の歴史像

水林彪 著

[目次]

  • 第1部 比較文明史的国制史論の形成と展開(「世界史の基本法則」的歴史理論からの離脱
  • 比較文明史的国制史論)
  • 第2部 国制史学の諸概念-普遍的基本概念の錬磨(封建制
  • 支配
  • 王権)
  • 第3部 比較国制史・法制史の具体相-特殊的諸類型の探究(所有
  • 家族
  • 法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国制と法の歴史理論 : 比較文明史の歴史像
著作者等 水林 彪
書名ヨミ コクセイ ト ホウ ノ レキシ リロン : ヒカク ブンメイシ ノ レキシゾウ
書名別名 Kokusei to ho no rekishi riron
出版元 創文社
刊行年月 2010.3
ページ数 639, 15p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-423-74102-3
NCID BB01468494
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21733993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想