生の短さについて

セネカ 著 ; 大西英文 訳

生は浪費すれば短いが、活用すれば十分に長いと説く『生の短さについて』。心の平静を得るためにはどうすればよいかを説く『心の平静について』。快楽ではなく、徳こそが善であり、幸福のための最も重要な条件だと説く『幸福な生について』。実践を重んじるセネカ(前4頃‐後65)の倫理学の特徴がよく出ている代表作3篇を収録。新訳。

「BOOKデータベース」より

セネカ(前4頃‐後65)はローマ帝政の初期というひどく剣呑な時代に生きた。事実、かつての教え子ネロ帝から謀反に加担したと疑われ、自殺を命じられるのである。良く生きれば人生は十分に長いと説く表題作、併収の『心の平静について』『幸福な人生について』のいずれもが人生の苦境にたちむかうストア哲学の英知に満ちている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生の短さについて
  • 心の平静について
  • 幸福な生について

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人生の短さについて
  • 心の平静について
  • 幸福な人生について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生の短さについて
著作者等 Seneca, Lucius Annaeus
大西 英文
茂手木 元蔵
Seneca
セネカ
書名ヨミ セイ ノ ミジカサ ニ ツイテ
書名別名 Annaei Senecae dialogorum libri duodecim

他二篇
シリーズ名 岩波文庫 33-607-1
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.3
ページ数 316p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-336071-2
NCID BB01467312
BN00762402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21744103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想