中華民国の権力構造における帰国留学生の位置づけ : 南京政府(1928-1949年)を中心として

王元 著

[目次]

  • 第1章 本研究の課題と意義
  • 第2章 近代における中国人の留学
  • 第3章 南京国民政府における帰国留学生
  • 第4章 帰国留学生の中国社会各領域への進出
  • 第5章 帰国留学生の政治傾向の形成
  • 第6章 結論と今後の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中華民国の権力構造における帰国留学生の位置づけ : 南京政府(1928-1949年)を中心として
著作者等 王 元
書名ヨミ チュウカ ミンコク ノ ケンリョク コウゾウ ニ オケル キコク リュウガクセイ ノ イチズケ : ナンキン セイフ 1928 1949ネン オ チュウシン ト シテ
出版元 白帝社
刊行年月 2010.2
ページ数 349p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89174-978-1
NCID BB01452246
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21732873
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想