地域福祉の今を学ぶ : 理論・実践・スキル

妻鹿ふみ子 編著

大切にすべき価値・知っておくべき知識やスキルについて、多様な切り口から提示し、活きた実践につなげる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論編-今日の地域福祉を支える思想と理論(福祉を支える「連帯」という思想を問い直す-個人化、不安定化する地域社会の状況を読み解きながら
  • 地域福祉の実践者としての市民を育てる-シチズンシップ教育
  • 地域福祉とNPO・社会的企業を考える-地域福祉の新たなアクター
  • 地域福祉の核となつ中間支援組織とは-そのあり方と課題
  • コミュニティソーシャルワークの基本を理解する-地域福祉実践の手法として)
  • 第2部 実践編-福祉実践活動の諸相(小地域の福祉を住民がつくる
  • 住民参加による地域福祉計画を策定する
  • 世代間交流で支えあいをつくる
  • 中山間地域の福祉のあり方を模索する
  • 福祉施設を拠点にした都市部の地域福祉を展開する
  • 福祉NPOが主体となって地域の福祉に取り組む
  • 民生委員がコミュニティソーシャルワークを実践する
  • アクティブシニアが多彩なボランティア活動に取り組む
  • 大学生が地域の福祉活動に参加する
  • 障害者の就労を支援する
  • 子育て支援のネットワークをつくる
  • 当事者のセルフヘルプ活動を支援する
  • 認知症高齢者の地域の居場所を考える
  • 外国人住民の生活を支援する)
  • 第3部 スキル編-実践に使える技(市民の参加をデザインする-多様なかかわりを生み出すスキル
  • 組織内のボランティアをもっと活用する-ボランティアの思いとやる気をマネジメント
  • コーチング力で地域の関係を紡ぐ-人と人、人と組織をもっと良い関係に
  • ファシリテーションで合意形成する-会議と事業展開をもっと楽しくスムーズにする手法
  • 社会起業家になって地域の課題を解決する-志をカタチにする方法としての起業
  • 助成金活用の技を磨く-知っていますか、助成金のこと
  • ボランティア活動のリスクをマネジメントする-保険だけではないリスク・マネジメント)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域福祉の今を学ぶ : 理論・実践・スキル
著作者等 妻鹿 ふみ子
書名ヨミ チイキ フクシ ノ イマ オ マナブ : リロン ジッセン スキル
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2010.3
ページ数 312p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-05691-0
NCID BB01449106
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21732169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想