近代日本における衛生の展開と受容

宝月理恵 著

近代国家において展開・普及されてきた衛生制度や衛生規範、それは博愛という非政治的戦略を通して、住民全体を-時に生産者として時に兵士として-国家に貢献しうる国民へと陶冶・管理する強力な政治技術でもあった-学校衛生をはじめ、近代日本における「衛生」の概念・制度・実践の歴史を詳細に検証・考察するとともに、多くの聞き取りによって、必ずしも政策意図とは合致しない住民側の受容の様相を浮き彫りにした、充実の歴史社会学研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 課題と方法
  • 第1章 近代医事衛生制度の成立と衛生思想
  • 第2章 学校口腔衛生の確立と歯科学の専門職化
  • 第3章 衛生経験の聞き取り
  • 第4章 新中間層家族における母親の衛生戦略
  • 補遺 「京城府」の衛生経験
  • 第5章 身体化される/されない衛生実践
  • 終章 近代日本の衛生経験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本における衛生の展開と受容
著作者等 宝月 理恵
書名ヨミ キンダイ ニホン ニ オケル エイセイ ノ テンカイ ト ジュヨウ
出版元 東信堂
刊行年月 2010.2
ページ数 315p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88713-970-1
NCID BB01448384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21732696
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想