マリー・キュリーの挑戦 : 科学・ジェンダー・戦争

川島慶子 著

"偉大な科学者にて良妻賢母"伝説を打ち破り、巧みな筆で描き出す真実のキュリー夫人とその時代。結婚と死別、家族と戦争、アカデミーとの闘い、不倫事件、放射能の栄光と悲惨-、彼女が直面したのはすべて現代の問題だ。自然科学を女子の手に!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 少女の怒り
  • 2 三つの恋の物語
  • 3 ノーベル賞を有名にしたもの
  • 4 墓はなぜ移されたか
  • 5 誤解された夫婦の役割
  • 6 二つの祖国のために
  • 7 ピエール・キュリーの「個性」
  • 8 科学アカデミーに拒まれた母と娘
  • 9 変貌する聖女
  • 10 マルグリット・ボレルとハーサ・エアトンとの友情
  • 11 放射能への歪んだ愛
  • 12 アインシュタインの妻
  • 13 リーゼ・マイトナーの奪われた栄光
  • 14 放射線研究に斃れた日本人留学生
  • 15 「偉大な母」の娘たち
  • 16 キュリー帝国の美貌のプリンス
  • 17 湯浅年子の不屈の生涯
  • 18 キュリー夫人とモードの歴史
  • 19 「完璧な妻、母、科学者」という罠

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マリー・キュリーの挑戦 : 科学・ジェンダー・戦争
著作者等 川島 慶子
書名ヨミ マリー キュリー ノ チョウセン : カガク ジェンダー センソウ
出版元 トランスビュー
刊行年月 2010.4
ページ数 210p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-901510-89-9
NCID BB0144361X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21732907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想