憲法第9条改正問題と平和主義

大阪弁護士会憲法問題特別委員会 編

[目次]

  • 第1部 憲法9条改正の是非(憲法9条改正に対する各政党の意見
  • 9条改憲の必要性とその論理
  • どうして憲法9条を改正してはならないのか
  • 憲法改正理由の点検と護憲の必要性)
  • 第2部 憲法9条を考察するための基本視角(憲法と国家-改憲論の立場から
  • 戦争と人間
  • 兵器の生産・使用制限について
  • 歴史認識問題
  • コスタリカの試み)
  • 第3部 国際情勢と憲法9条改正問題(冷戦終結に伴う国際環境の変化とアメリカの世界戦略
  • 沖縄問題を見つめる一視点
  • 中国・台湾情勢と日本
  • 朝鮮半島情勢と日本
  • 東アジアにおける平和構築)
  • 第4部 法的観点から見た憲法9条改正問題(国際法・国際連合における安全保障の規制
  • 日米安保条約と憲法9条-日米安保をどう評価するか
  • 個別的自衛権とは
  • 集団的自衛権
  • 国際協調活動とは何か
  • 平和的生存権について
  • 憲法9条の改定により人権状況はどのように変化するか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法第9条改正問題と平和主義
著作者等 大阪弁護士会
大阪弁護士会憲法問題特別委員会
書名ヨミ ケンポウ ダイ9ジョウ カイセイ モンダイ ト ヘイワ シュギ : ソウテン ノ セイリ ト ケントウ
書名別名 争点の整理と検討

Kenpo dai9jo kaisei mondai to heiwa shugi
出版元 信山社
刊行年月 2010.2
ページ数 415p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-7972-2582-2
NCID BB01441909
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21794334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想