パラドクスだらけの生命

アンドレアス・ワグナー 著 ; 松浦俊輔 訳

「利他的」でもあり「利己的」でもある親鳥の子育てやアリの捨て身攻撃、「リスク」でもあり「安全策」でもある水棲生物の陸上進出やDNAの突然変異…。生命活動のさまざまな場面で「逆説」が姿を見せるのは偶然ではない。それは生命が生命たりうる究極の原理なのだ。最先端のあらゆる領域を駆け巡り、大胆に生命の謎に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 逆説、選択の力
  • 第1章 創造という内なる対話
  • 第2章 自己の裏側
  • 第3章 全体のための部分、部分による全体
  • 第4章 リスクのある避難
  • 第5章 破壊的創造
  • 第6章 偶然と必然が織りなす世界での選択
  • 第7章 開かれた目的
  • 第8章 選択と自然科学
  • 第9章 知識の限界
  • 第10章 自由という力と重荷

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パラドクスだらけの生命
著作者等 Wagner, Andreas
松浦 俊輔
ワグナー アンドレアス
書名ヨミ パラドクス ダラケ ノ セイメイ : DNA ブンシ カラ ニンゲン シャカイ マデ
書名別名 Paradoxical life

DNA分子から人間社会まで
出版元 青土社
刊行年月 2010.4
ページ数 309, 62p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6534-8
NCID BB01425480
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21729215
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想