統合失調症症候学 : 精神症候学の復権を求めて  続

中安信夫 著

[目次]

  • 第1部 辺縁症状の病態心理(内因性若年‐無力性不全症候群-原典紹介とその批判的検討
  • 初期分裂病を疑う身体関連症状-体感異常に焦点化して
  • 自生記億想起に対するパニック反応ならびに「自生」悲哀・涕泣-パニック発作と鑑別すべき初期統合失調症症状 ほか)
  • 第2部 初期統合失調症論の現在(概説:初期分裂病二〇〇四
  • 初期統合失調症研究の三〇年-発想の原点を振り返りつつ
  • 先行研究との比較から見た初期分裂病症状 ほか)
  • 第3部 操作的診断基準への批判(DSM統合失調症とは「鵺(ぬえ)のごとき存在」である-操作的診断と疾患概念の変化
  • 大うつ病(DSM‐4)概念の「罪」
  • うつ病は増えてはいない-大うつ病性障害(DSM)とは成因を問わない抑うつ症状群である ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統合失調症症候学 : 精神症候学の復権を求めて
著作者等 中安 信夫
書名ヨミ トウゴウ シッチョウショウ ショウコウガク : セイシン ショウコウガク ノ フッケン オ モトメテ
書名別名 Togo shicchosho shokogaku
巻冊次
出版元 星和書店
刊行年月 2010.3
ページ数 629p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7911-0730-8
NCID BB01424218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21725619
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想