認知言語学への誘い : 意味と文法の世界

李在鎬 著

あらゆる言語表現には話し手の認識や判断が含まれるが、その全体像を一貫した立場で明らかにしている言語理論は認知言語学が登場するまで存在しなかった。本書では、認知言語学が言語の問題と認知の問題をどのように結びつけ、どこまで明らかにできたのか、具体的に示している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 認知言語学とは
  • 第2章 視点と言葉の意味
  • 第3章 カテゴリー化と日常言語
  • 第4章 イメージと言語表現
  • 第5章 言葉とレトリック
  • 第6章 用法基盤としての認知言語学
  • 第7章 文法現象へのアプローチ
  • 第8章 最後に:これからの認知言語学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知言語学への誘い : 意味と文法の世界
著作者等 李 在鎬
書名ヨミ ニンチ ゲンゴガク エノ イザナイ : イミ ト ブンポウ ノ セカイ
シリーズ名 開拓社言語・文化選書 17
出版元 開拓社
刊行年月 2010.3
ページ数 165p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7589-2517-4
NCID BB01421300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21813480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想