近代イラン知識人の系譜 : タキーザーデ・その生涯とナショナリズム

佐野東生 著

イラン・ナショナリズム史上に重要な影響を及ぼしたハサン・タキーザーデ(一八七八〜一九七〇)。政治家、文化人として活躍した彼は、近代イランの画期となったイラン立憲革命を導き、また国民国家形成間もないイランと、欧米とをつなぐ橋渡し役としても貢献した。本書は、タキーザーデの生涯を通じて、近現代のイランがいかにして成立したかを見通す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 イラン・ナショナリズムと知識人
  • 第1章 ナショナリストとしての萌芽
  • 第2章 タブリーズ初の国会議員
  • 第3章 イランを真の立憲制国家へ
  • 第4章 国民国家への遠い道のり
  • 第5章 『カーヴェ』紙と「文化ナショナリズム」の展開
  • 終章 継承されるイラン・ナショナリズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代イラン知識人の系譜 : タキーザーデ・その生涯とナショナリズム
著作者等 佐野 東生
書名ヨミ キンダイ イラン チシキジン ノ ケイフ : タキーザーデ ソノ ショウガイ ト ナショナリズム
シリーズ名 Minerva歴史・文化ライブラリー 16
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2010.3
ページ数 377, 6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-05701-6
NCID BB01420658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21737334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想