隣の病い

中井久夫 著

病いへの深い洞察と患者への共感に満ちた珠玉のエッセイ集。新たな着想の展開を試みた「時間精神医学の試み」や「難症論」、平明な言葉で解き明かされる「統合失調症の病因研究に関する私見」や「サリヴァンの統合失調症論」、周到な観察が思わぬ姿を描き出す「霧の中の英国経験論」や「ハンガリーの旅」、近代史を卓抜な視点から瞥見した「引き返せない道」や「1990年の世界を考える」、災害と社会の相関を論じた「阪神大震災後四カ月」や「災害と危機介入」、そして著者の多彩な内面を物語る「現代ギリシャ詩人の肖像」や「詩の音読可能な翻訳について」など39編のエッセイを収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 時間精神医学の試み
  • 共時性などのこと
  • 精神医療改善の一計
  • サリヴァンの統合失調症論
  • 隣の病い
  • 基底欠損(英)basic fault(独)Grundst¨orung
  • ある臨床心理室の回顧から-故・細木照敏先生を偲びつつ
  • 難症論
  • 風景構成法(landscape montage technique)
  • フェレンツィの死と再生〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 隣の病い
著作者等 中井 久夫
書名ヨミ トナリ ノ ヤマイ
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ナ16-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.3
ページ数 413p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09266-3
NCID BB01417697
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21743639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想