世界自動車メーカーどこが生き残るのか : ポスト・ビッグ3体制の国際競争

土屋勉男, 大鹿隆, 井上隆一郎 著

米国自動車市場の崩壊は、世界最大のGMの経営破綻にまでつながった。日本メーカーにおいても、円安を背景にした輸出バブルが膨れ上がり、時を同じくして破裂した。世界最強と安心してはいられなくなった、トヨタを筆頭とする日本の各社はどれだけ深刻な状況にあり、何を克服しなければいけないのか。リコール問題、エコカー開発、拡大が見込める中国、インドなどの途上国での競争、国内の過剰設備の削減、国際再編…立ちはだかる難問を、彼らはどう乗り切っていくのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 自動車バブルの崩壊(トヨタ・ショックはなぜ起こったのか
  • 米中二大「焦点市場」の実像)
  • 第2部 主要メーカーの実力(米国企業、欧州企業の実力
  • アジア企業の実力
  • 日本企業の実力)
  • 第3部 世界自動車メーカーのグローバル競争力(世界自動車不況の背景
  • 日本自動車メーカーのグローバル製品市場戦略と実力ランキング)
  • 第4部 日本自動車および自動車部品企業の将来と課題(日本自動車メーカーの将来と課題
  • 日本自動車部品メーカーの将来と課題)
  • 補論 自動車の製品アーキテクチャとインテグラル指標

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界自動車メーカーどこが生き残るのか : ポスト・ビッグ3体制の国際競争
著作者等 井上 隆一郎
土屋 勉男
大鹿 隆
書名ヨミ セカイ ジドウシャ メーカー ドコ ガ イキノコルノカ : ポスト ビッグ 3 タイセイ ノ コクサイ キョウソウ
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2010.3
ページ数 319p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-478-01156-0
NCID BB01417325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21727296
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想