古代ポンペイの日常生活

本村凌二 著

紀元七九年、ヴェスヴィオ山大噴火によって埋もれたポンペイ。剣闘士の死闘に熱狂した闘技場、人口一万の町に百二十軒もあった居酒屋、優雅な邸宅、娼家の小部屋…その壁や柱に、愛を語らい性を謳歌し、選挙で友を応援して商売敵を罵倒する「落書き」が残されていた。集大成された文字史料の解読から、古代ローマ人の生活風景を鮮やかに再現する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大噴火と発掘の歴史
  • 第2章 友に、公職を!
  • 第3章 公務にふさわしい人びと
  • 第4章 民衆は見世物を熱望する
  • 第5章 喜怒哀楽の生活風景
  • 第6章 愛欲の街角
  • 第7章 文字を学ぶ
  • 第8章 落書きのなかの読み書き能力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代ポンペイの日常生活
著作者等 本村 凌二
書名ヨミ コダイ ポンペイ ノ ニチジョウ セイカツ
書名別名 優雅でみだらなポンペイ
シリーズ名 講談社学術文庫 1986
出版元 講談社
刊行年月 2010.3
ページ数 316p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-291986-9
NCID BB01391356
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21732038
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想