精神障害者の「就労」モデルの構築 : 社会福祉ニーズとの関連を巡って

齋藤敏靖 著

精神障害者の社会福祉ニーズとは何か?最優先すべき援助は「就労」支援だ。障害者自立支援法の成立・施行前後の議論や評価の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 社会福祉ニーズ概念
  • 第2章 社会福祉ニーズ判定モデル
  • 第3章 自己決定モデル
  • 第4章 新しい障害者就労観と障害者自立支援法
  • 第5章 「就労」モデル
  • 結語 セーフティネット型からキャスティングボードとしての「就労」支援へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神障害者の「就労」モデルの構築 : 社会福祉ニーズとの関連を巡って
著作者等 斎藤 敏靖
齋藤 敏靖
書名ヨミ セイシン ショウガイシャ ノ シュウロウ モデル ノ コウチク : シャカイ フクシ ニーズ トノ カンレン オ メグッテ
出版元 エム・シー・ミューズ
刊行年月 2010.2
ページ数 274p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-904110-02-7
NCID BB01355793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21852968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想