第二の手、または引用の作業

アントワーヌ・コンパニョン 著 ; 今井勉 訳

引用はいつ、どこで、なぜ始まったのか?アリストテレスからボルヘスまで、「引用史」をたどり、「現象学」「記号学」「系譜学」などさまざまな観点から、単なることばの反復にとどまらない、戦略的・政治的な実践としての"引用"を分析し、「書くこと」の本質に迫る、画期的なエクリチュール論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 引用、その本来の姿-引用の現象学
  • 2 基本構造-引用の記号学
  • 3 引用の前史-引用の系譜学(1)古代の修辞学
  • 4 絶頂-引用の系譜学(2)神学ディスクール
  • 5 テクストの固定化-引用の系譜学(3)近代的引用の成立
  • 6 濁ったエクリチュール-引用の奇形学
  • この尻尾はこの猫のものではない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 第二の手、または引用の作業
著作者等 Compagnon, Antoine
今井 勉
コンパニョン アントワーヌ
書名ヨミ ダイ2 ノ テ マタワ インヨウ ノ サギョウ
書名別名 La seconde main ou le travail de la citation

Dai2 no te matawa in'yo no sagyo
シリーズ名 叢書言語の政治 16
出版元 水声社
刊行年月 2010.3
ページ数 571p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89176-774-7
NCID BB01352762
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21727020
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想