二・二六帝都兵乱 : 軍事的視点から全面的に見直す

藤井非三四 著

昭和十一年二月二十六日、雪中の帝都・東京で、在京勤務の将校が中心となり、昭和維新を断行するべく部隊を動かし、重臣たちを襲撃・殺害した。明治維新以降、首都で起きた最大の騒乱だった。この事件をあくまでも戦史としてとらえ、戦場の環境、決起・鎮圧側双方の戦略方針、戦闘経過の流れ、さらには将校たちの心理を考究。決起の真の目的と敗退の理由、大東亜戦争への影響を冷徹に描き出した画期的な「二・二六事件」史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 最大の軍都、東京
  • 第2章 決起した将校たちの実像
  • 第3章 軍内革新勢力の分裂
  • 第4章 テロの季節
  • 第5章 決起への道程
  • 第6章 昭和十一年二月二十六日
  • 第7章 決起成功に傾いた情勢
  • 第8章 状況一転、武力鎮圧へ
  • 第9章 なぜ決起は敗退したのか
  • 終章 昭和維新の結末

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二・二六帝都兵乱 : 軍事的視点から全面的に見直す
著作者等 藤井 非三四
書名ヨミ ニニロク テイト ヘイラン : グンジテキ シテン カラ ゼンメンテキ ニ ミナオス
出版元 草思社
刊行年月 2010.2
ページ数 317p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7942-1748-6
NCID BB01347037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21714737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想