新・侵襲と好中球エラスターゼ : インヒビター投与の意義

小川道雄 著

[目次]

  • 1 生体防御因子としての好中球エラスターゼの作用
  • 2 侵襲に対する生体反応としてのSIRSと好中球の動態
  • 3 臓器障害発症への好中球エラスターゼの関わり
  • 4 侵襲後の呼吸障害と好中球エラスターゼ・インヒビターの効果
  • 5 新たに明らかにされた好中球エラスターゼの作用
  • 6 好中球エラスターゼ・インヒビターの臨床的意義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・侵襲と好中球エラスターゼ : インヒビター投与の意義
著作者等 小川 道雄
書名ヨミ シン シンシュウ ト コウチュウキュウ エラスターゼ : インヒビター トウヨ ノ イギ
出版元 メジカルビュー社
刊行年月 2010.2
ページ数 142p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7583-0343-9
NCID BB01346839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21803428
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想