一九三〇年代のアジア社会論 : 「東亜協同体」論を中心とする言説空間の諸相

石井知章, 小林英夫, 米谷匡史 編著

[目次]

  • 序論 「アジア社会論」の系譜における一九三〇年代
  • 第1章 尾崎秀実の「東亜協同体」批判-日中戦争期の「社会」問題
  • 第2章 蝋山政道と戦時変革の思想
  • 第3章 二十世紀社会学の課題と「東亜」-新明正道にとっての総力戦
  • 第4章 加田哲二の「東亜協同体」論
  • 第5章 複製装置としての「東亜協同体」論-三木清と船山信一
  • 第6章 平野義太郎とマルクス社会科学のアジア社会論-「アジア的」と「共同体」の狭間で
  • 第7章 満鉄調査部の思想-大上末廣と宮崎正義
  • 第8章 佐藤大四郎の協同組合思想と「満洲」における合作社運動
  • 第9章 転向から考える植民地・近代・アジア-解放前後における印貞植の実践を中心に
  • 第10章 海軍省綜合研究会と板垣與一

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一九三〇年代のアジア社会論 : 「東亜協同体」論を中心とする言説空間の諸相
著作者等 小林 英夫
石井 知章
米谷 匡史
書名ヨミ 1930ネンダイ ノ アジア シャカイ ロン : トウア キョウドウタイ ロン オ チュウシン ト スル ゲンセツ クウカン ノ ショソウ
書名別名 1930nendai no ajia shakai ron
出版元 社会評論社
刊行年月 2010.2
ページ数 393p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7845-0590-6
NCID BB01338852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21725978
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想