死ぬときに後悔しない医療

大津秀一 著

ホスピス医・緩和医療医として、一〇〇〇人の死を見届けた現役医師が説く「安らかな終末期のための条件」とは。「一人もみじめな形で亡くなってほしくない」という願いを胸に、緩和医療についてわかりやすく解説しながら、その効果的な実践法を提案する。現在、がんの名医や治療法の紹介は頻繁にメディアに取り上げられている。だが本書のように根治が難しい患者さんやその家族はどうすればいいのかという問いに医学的に答えた本は少なく、老若男女問わず、必読の一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ある死の風景-死の現実
  • 第1部(If(もしも…)
  • ホスピス医、誕生)
  • 第2部(緩和医療とは
  • 延命治療とは
  • ホスピスについて-そこは明るくあたたかい
  • もう一つの死の風景)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死ぬときに後悔しない医療
著作者等 大津 秀一
書名ヨミ シヌ トキ ニ コウカイシナイ イリョウ
書名別名 死学
シリーズ名 小学館文庫 お30-1
出版元 小学館
刊行年月 2010.2
ページ数 333p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-09-408478-8
NCID BB01321907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21718154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想