椀一式

原研哉 編

日常使いの「汁椀」と「飯碗」ならば、少々値が張っても買い求め、日々の食卓に供するゆとりは持ちたい。日本人なら皆、潜在的にそう思っているはずだ。これを「椀一式」のしつらいと称して、余裕のある大人の一つのたしなみとして提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本人に生まれたからには「椀一式」
  • 椀一式
  • 対談 小泉誠×佐藤卓
  • 対談 平松洋子×原研哉
  • 対談 黒川雅之×西田恵一×滝村紀貴
  • 飛騨春慶
  • 重と箱
  • 春慶取り扱いについて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 椀一式
著作者等 原 研哉
書名ヨミ ワン イッシキ : ツカウ シッキ エ : ヒダ シュンケイ ニホン デザイン コミッティー
書名別名 使う漆器へ : 飛騨春慶×日本デザインコミッティー
出版元 実業之日本社
刊行年月 2010.1
ページ数 151p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-408-42030-1
NCID BB01318560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21706503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想