女子と出産 : 晩産時代を、どう生きる?

山本貴代 著

「いつかは産みたい。でも…」「今は欲しくない。だけど…」結婚してから考える…では遅すぎる?未産女子の揺れる心をひもときながら、晩婚・晩産時代を生きるあなたに、とびっきりのエールを贈ります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 晩産時代、女子の人生戦略とは?(女子にとって、「子どもを産む」とは
  • 晩婚化・晩産化のカゲにあるもの ほか)
  • 1 産みたいのか、産みたくないのか(少子化に悩む日本、どこか他人ゴトな女子たち
  • 自己実現か、子育てか。悩む出産 ほか)
  • 2 「結婚」という名のハードル(出産の前にそびえる、結婚という壁
  • 晩婚・非婚と少子化の関係 ほか)
  • 3 不任治療の見えない現実(不妊は他人ゴトじゃない
  • 「もう自分は産めないかもしれない…」 ほか)
  • 4 晩産時代の処方箋-未婚女性が揺れないために-(未産であること、将来のこと
  • 未産のままなら、老後はどうする? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女子と出産 : 晩産時代を、どう生きる?
著作者等 山本 貴代
書名ヨミ ジョシ ト シュッサン : バンサン ジダイ オ ドウ イキル
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2010.2
ページ数 189p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-532-16729-5
NCID BB01258560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21721910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想