インクルーシブな社会をめざして

清水貞夫 著

北欧と北米のノーマリゼーションを対比しながら、障害者福祉や障害児教育の理念として語られるインクルージョンの原理・思想を明らかにする。国連・障害者権利条約は、非差別と平等、インクルージョンをテーマにした最新の国際法である。条約の批准をいち早く実現し、新たな法・制度を考えるための論拠を提起。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ニィリエのノーマリゼーション原理
  • 第2章 ウォルフェンスベルガーのノーマリゼーション原理
  • 第3章 二つのノーマリゼーション原理のその後
  • 第4章 社会的役割の有価値化(SRV)理論
  • 第5章 ノーマリゼーション原理の広がりとその貢献
  • 第6章 ノーマリゼーションからインクルージョンへ
  • 第7章 インクルージョンと国連・障害者権利条約

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インクルーシブな社会をめざして
著作者等 清水 貞夫
書名ヨミ インクルーシブナ シャカイ オ メザシテ : ノーマリゼーション インクルージョン ショウガイシャ ケンリ ジョウヤク
書名別名 ノーマリゼーション・インクルージョン・障害者権利条約

Inkurushibuna shakai o mezashite
出版元 クリエイツかもがわ : かもがわ出版
刊行年月 2010.3
ページ数 222p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86342-040-3
NCID BB0124751X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21731679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想