都市と不動産の経済分析

角本伸晃 著

[目次]

  • 第1部 理論編(日本の都市と不動産事情
  • 地代と地価の基礎理論
  • 不動産サービス市場と資産市場の相互作用
  • 不動産開発の時期と地価-動学分析
  • 都市空間における地代と地価の構造)
  • 第2部 応用編(都市アメニティの保全とオプション価値
  • 土地利用規制の効果とレント・シーキング
  • 宅地開発指導要綱とレント・シーキング)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市と不動産の経済分析
著作者等 角本 伸晃
書名ヨミ トシ ト フドウサン ノ ケイザイ ブンセキ
書名別名 Toshi to fudosan no keizai bunseki
シリーズ名 椙山女学園大学研究叢書 40
出版元 成文堂
刊行年月 2010.2
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7923-5054-3
NCID BB0124506X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21725378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想