言葉ふる森 : 作家による「山」のエッセイ・紀行30編

山と渓谷社 編

『山と溪谷』07年1月号〜09年3月号掲載のリレー・エッセイ「言葉ふる森」を中心に個性豊かな現代作家ら29人によるエッセイ・紀行30編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめのひと滴(寮美千子)
  • 愚行の人(栗林佐知)
  • 帰途(堀江敏幸)
  • 西寧-ラサ チベット高原鉄道二千キロの旅(篠田節子)
  • 山の目じるし(佐伯一麦)
  • ムンマジュムンの棲む森(出水沢藍子)
  • 失われた時代の思い出(梨木香歩)
  • 山が持つ二つの貌(熊谷達也)
  • 知床の森のクマ(立松和平)
  • クライミングジム体験記(大倉崇裕)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言葉ふる森 : 作家による「山」のエッセイ・紀行30編
著作者等 山と渓谷社
山と溪谷社
書名ヨミ コトバ フル モリ : サッカ ニ ヨル ヤマ ノ エッセイ キコウ 30ペン
書名別名 Kotoba furu mori
出版元 山と溪谷社
刊行年月 2010.2
ページ数 173p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-635-33049-7
NCID BB01241943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21707672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想