思春期とアタッチメント

林もも子 著

成長の喜びと葛藤…そのとらえがたい心性にどのように接近し、どのように触れるか。ボウルビィ以後の研究を礎に臨床のなかで磨かれた、精神分析理論と発達理論をつなぐ思春期理解の方法論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アタッチメントとは
  • 第2章 アタッチメントの測定と内的作業モデル
  • 第3章 思春期におけるアタッチメント
  • 第4章 精神的健康の防御要因としてのアタッチメント
  • 第5章 心理療法の初期におけるアタッチメント
  • 第6章 心理療法の過程と終結におけるアタッチメント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思春期とアタッチメント
著作者等 林 もも子
書名ヨミ シシュンキ ト アタッチメント
出版元 みすず書房
刊行年月 2010.2
ページ数 184, 2p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-07521-9
NCID BB01241659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21722967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想