中世の幽霊 : 西欧社会における生者と死者

ジャン=クロード・シュミット 著 ; 小林宜子 訳

忘れたい生者の意志に逆らうかのように、死者は反抗的にふるまい、夢に侵入し、思い出をよびさまし、家に取り憑く。西欧のイマジネールをめぐる社会史に新たな分野を拓く、歴史人類学の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 幽霊の抑圧
  • 第2章 死者を夢に見る
  • 第3章 幽霊の侵入
  • 第4章 驚くべき死者たち
  • 第5章 ヘルレキヌスの一党
  • 第6章 飼いならされたイマジネール?
  • 第7章 死者と権力
  • 第8章 時間、空間、社会
  • 第9章 幽霊を描く
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世の幽霊 : 西欧社会における生者と死者
著作者等 Schmitt, Jean Claude
小林 宜子
Schmitt Jean‐Claude
シュミット ジャン=クロード
書名ヨミ チュウセイ ノ ユウレイ : セイオウ シャカイ ニ オケル セイシャ ト シシャ
書名別名 Les revenants

Chusei no yurei
出版元 みすず書房
刊行年月 2010.2
ページ数 388p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-07516-5
NCID BB0124158X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21721421
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想