大数学者

小堀憲 著

1832年5月29日夜、刻一刻と迫る決闘の瞬間に追い立てられながら、2篇の論文を書き残したエヴァリスト・ガロア。凶弾に斃れ死を悟った彼は、「僕は、20歳で死ぬためには、あらんかぎりの勇気を奮ったのだよ」とつぶやいたという。しかし彼の遺した方程式論は、その後"ガロア理論"として大発展することになる-。激動の19世紀に、二十代で不朽の業績を挙げた大数学者たちにはそれぞれの劇的な生涯があった。ガロアのほか、ガウス、コーシー、アーベル、ヴァイエルシュトラス、リーマンを軸に現代数学誕生夜話をドラマチックに描き、多くの若者に夢と勇気を与えてきた名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ガウス
  • 2 コーシー
  • 3 アーベル
  • 4 ガロア
  • 5 ヴァイエルシュトラス
  • 6 リーマン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大数学者
著作者等 小堀 憲
書名ヨミ ダイスウガクシャ
シリーズ名 Math & science コ32-1
ちくま学芸文庫 コ32-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.2
ページ数 257p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09277-9
NCID BB01201585
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21730995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想