DNA(でぃーえぬえー)誕生の謎に迫る! : 遺伝子の本体DNAはどうつくられたか?構造、進化、複製から起源の謎をひも解く!

武村政春 著

DNAは生物が生きていくために、また子孫を残すために重要な物質であり、すべての生物の"はじまり"に深く深く関わっている。本書は、DNAの"はじまり"、そして生命の"はじまり"について、科学者たちがどう考えてきたか、考えているかを紹介しつつ、その化学的特徴や遺伝情報物質としての有用性などをストーリー形式でまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 DNAに秘められた生命のしくみ
  • 第2章 材料をそろえるのは難しい
  • 第3章 RNAを中心とする世界が広がっていた原始地球
  • 第4章 酸素原子の消失と安定化
  • 第5章 DNAの"開発"
  • 第6章 複製方法の進化と、その後の生物の運命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 DNA(でぃーえぬえー)誕生の謎に迫る! : 遺伝子の本体DNAはどうつくられたか?構造、進化、複製から起源の謎をひも解く!
著作者等 武村 政春
書名ヨミ DNA タンジョウ ノ ナゾ ニ セマル : イデンシ ノ ホンタイ DNA ワ ドウ ツクラレタカ コウゾウ シンカ フクセイ カラ キゲン ノ ナゾ オ ヒモトク
書名別名 DNA誕生の謎に迫る!

DNA tanjo no nazo ni semaru
シリーズ名 サイエンス・アイ新書 SIS-151
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2010.2
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-4672-5
NCID BB01180601
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21717865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想