アジャイル開発の本質とスケールアップ : ソフトウェア開発の実践 : 変化に強い大規模開発を成功させる14のベストプラクティス

ディーン・レフィングウェル 著 ; 玉川憲 監訳・訳 ; 橘高陸夫, 畑秀明, 藤井智弘, 和田洋, 大澤浩二 訳

[目次]

  • 第1部 ソフトウェアアジリティの概要(アジャイルメソッドの概要
  • なぜウォーターフォールモデルは正常に機能しないのか?
  • XPの本質 ほか)
  • 第2部 スケールアップ可能な7つのプラクティス(定義/ビルド/テストコンポーネントチーム
  • 2レベル計画作りと追跡
  • 反復型開発の習得 ほか)
  • 第3部 アジャイルな企業を作る(意図的なアーキテクチャ
  • リーン要求開発のスケールアップ:ビジョン、ロードマップ、およびジャストインタイムの詳細化
  • システムオブシステムとアジャイルリリーストレイン ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジャイル開発の本質とスケールアップ : ソフトウェア開発の実践 : 変化に強い大規模開発を成功させる14のベストプラクティス
著作者等 Leffingwell, Dean
橘高 陸夫
玉川 憲
畑 秀明
藤井 智弘
和田 洋
大沢 浩二
大澤 浩二
レフィングウェル ディーン
書名ヨミ アジャイル カイハツ ノ ホンシツ ト スケール アップ : ソフトウェア カイハツ ノ ジッセン : ヘンカ ニ ツヨイ ダイキボ カイハツ オ セイコウサセル 14 ノ ベスト プラクティス
書名別名 Scaling software agility
シリーズ名 IT architects' archive
出版元 翔泳社
刊行年月 2010.2
ページ数 325p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-7981-2040-9
NCID BB01164150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21722953
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想