おへそはなぜ一生消えないか : 人体の謎を解く

武村政春 著

人体は謎に満ちている。生まれたあとは不要な「おへそ」がなぜ消えずにお腹の真ん中に残っているのか?食べる口と呼吸する口はなぜ同じになったのか?なぜ人の赤血球には核がないのか?男に乳首は必要なのか?生物学者が「複製」をキーワードに、人体の巨大な謎から瑣末な疑問にまで次々切り込む。最先端生物科学と大胆な仮説とユーモアが絶妙に結合したサイエンス読み物。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 食べる口としゃべる口はなぜ別ではないのか
  • 第2章 年をとるとなぜ傷が治りにくくなるのか
  • 第3章 リ・ド・ヴォーはなぜ美味いのか
  • 第4章 人の赤血球にはなぜ核がないのか
  • 第5章 おへそはなぜ一生消えないのか
  • 第6章 胎盤という器官はどう作られたか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 おへそはなぜ一生消えないか : 人体の謎を解く
著作者等 武村 政春
書名ヨミ オヘソ ワ ナゼ イッショウ キエナイカ : ジンタイ ノ ナゾ オ トク
書名別名 Oheso wa naze issho kienaika
シリーズ名 新潮新書 352
出版元 新潮社
刊行年月 2010.2
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610352-0
NCID BB01164037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21718426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想