源氏物語の始原と現在

藤井貞和 著

夜のしじまに語られた源氏物語生成に関わる深い闇、異界との緊張。学園紛争の時代、若き日の著者はカオスの中で、物語の生成と展開を渾身の力で解明し、既存の国文学研究に反旗を翻して読者の熱い共感を呼んだ。源氏研究の新たな地平を拓いた労作。話題作「バリケードの中の源氏物語」を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • (物語のために-わが物語学序説
  • 芸術の発生の日本的構造
  • 物語の発生する機制
  • 異郷論の試み-物語史を索めて・一側面)
  • 2(光源氏物語の端緒の成立
  • 光源氏物語のもうひとつの端緒の成立-小説と物語と
  • 光源氏物語主題論
  • 王権・救済・沈黙-宇治十帖論の断章)
  • 3(源氏物語の近代と予感-研究あない
  • 解体する時間の文学-源氏物語の現在
  • わが詩史・物語史)
  • 付 バリケードの中の源氏物語-学問論への接近の試み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語の始原と現在
著作者等 藤井 貞和
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ ノ シゲン ト ゲンザイ
シリーズ名 源氏物語 B160
岩波現代文庫 B160
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.2
ページ数 376p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602160-3
NCID BB01163908
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21728183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想